長澤修司税理士事務所

長澤修司税理士事務所

0238-49-7399
0238-49-7399
受付時間 09:00~17:00
  • メールでのお問い合わせ
  • ブログ

新着情報

嫌われる勇気 その2

皆さんこんにちは
先日人間ドックに行ってきました

 

お盆明けから仕事が怒涛のごとくやってきて、ここ3か月あまり、外食や出来合いのものを食べている生活をしていました

 

その結果…、3か月で5キロの増加
絶対に人間ドックで何か言われると思ったら、やはり、言われました
そして今回、悪玉コレステロールの値が、治療レベルといわれてしまい、先生からは「これから3か月頑張りなさい」と言われました
早速、現在平日の夜はプロテイン&ロカボナッツで過ごしています
これで少しはやせればいいなと思っています

 


さて、今回は前回の続きで、「大善と小善」のお話をしたいと思います。
前回は、初めて私の方から顧客との契約を打ち切ったお話をしましたが、その中で、「お客様に対する私がしなければいけない行動・考え方」を大事にしているとお話をしました。
その考え方の中心となっているのが、「大善と小善」の考え方です。
この言葉は、稲盛和夫氏が書籍で説明しております。

 

簡潔に説明しますと、
大善とは「その時の行動が善い行いであるように見えなくても、将来を見通した場合にその行いは善い行いになること」
小善とは「その時の行動は善い行いのように見えるが、将来を見通した場合にはその行いは悪い行いになること」
です。

 

どちらも、善い行いを行っているのだから結果が違うのはなぜなのか。

 

例としては、

 

スーパーで子供が、「このお菓子がほしい!!!」と駄々をこねているとします。

 

お菓子は1日1個と決めており、すでに1個は買っています。

 

① 子供が泣き叫ぶことが、周りに迷惑をかけるからもう一個お菓子を買ってあげる。
② 約束事はしっかりと守ることを徹底するため、お菓子を買ってあげない。

さて、どちらが「大善」でしょうか。

 

②ですよね

 

①は確かに子供や泣き叫ぶことを不快に思っている人からすれば、善い行いなのでしょうが、これは子供のためになるでしょうか。

 

私は決してならないと思います。
我慢をするということは、その時は苦しいと思うかもしれませんが、それができるのとできないのでは、成長してから大きな差ができます。

 

 

私は、この考え方をベースに仕事でお客様にお話をしているので、厳しいお話をすることがあります。

 

だからといってすべてのお客様に厳しい言葉をしているわけではありません。
現状厳しい状態であっても、お客様自身がそのことをしっかり把握し、進むべき方向が間違っていないと思えば、私は助言程度に留め、お客様の自主性を大事にしています。

 

 

しかし、明らかに方向性が違っており、現状から逃げていると判断した時には厳しい言葉でお話をします。

 

厳しい言葉で話すことでお客様が大変嫌な思いをすることは私自身も百も承知です。

 

しかし、そのくらい厳しい状況であり、本気で直してほしいからなるべくオブラートに包まないでストレートに言うようにしています。

 

お客様の将来を案じ厳しい言葉をかけています。

 

今回起きた出来事は、その私の思いがお客様に伝わらなかったことが原因です。

 

数年前までは、私が全力で思い、伝えればみんなに伝わると思っていましたが、最近は考え方が変わってきました。

 

もちろん伝える努力を怠ることはしませんが、最終的には、私の考え方に賛同してくださるお客様だけでいいと感じています。

 

そうしないと、本当に私を信頼していただいているお客様にも失礼ですし、私はそのお客様に最高のサービスを提供したいと考えるようになりました。

 

売上を伸ばす。これは、商売をしている以上命題となるものですが、さらに最も大事なのは「お互い信頼関係のもと取引を行う」ことだと思います。

 

 

このお話はすべての業種で言えることだと思います。

 

 

それではまた!                                 

あけましておめでとうございます

皆さんあけましておめでとうございます  
怒涛の2019年も終わり、東京オリンピックが始まる2020年がはじまりました
なんか「お・も・て・な・し」なんて言っていたあの頃2020年は遠い未来と思っていましたが、とうとう来ましたね

 

実は、わたくし、先日の2次予選のチケットが当選しまして観戦することができます

 

競技は自転車ロードレースのタイムトライアルです

 

本当はロードレースを観戦したかったのですが、申し込みを間違えたらなんと当たるという、運がいいのか悪いのか…

 
でも、こうなったら全力で楽しんでいきたいと思います

 


 

さて新年初めの話は、今年の目標をお話ししたいともいます。

 

今年というかこれから未来に向けてやっていきたいことです。

 

それは、「RPA」を利用したシステム構築をしていきたいです。

 

RPAとは「ロボティック・プロセス・オートメーション」の略です。

 

このRPAは今まで、人間がしていた作業をロボット(PC)が代行するというものです。

 
よくAIと間違われるのですが(かくいう私も勘違いしていました)、AIとは情報の蓄積による予測を行い、「正解であろう行動・答え」をPCが行うものです。

 
それに対し、RPAとは、人間が作成した「指示書」通り動く、というものです。

 

ですので、人間が作業するとき判断しながら行うものは苦手です。

 

逆に、形式的に進める作業は24時間365日働いてくれます。

 

実際、税理士事務所の仕事のうち、形式的な作業が多く存在しており、このRPAを利用すると大幅な作業効率を図ることができると感じています。

 

そのため、今年は第一弾として、「現金出納帳の自動化」を進めていきたいと考えております。

 

現金出納帳は今まで紙媒体で作成を依頼していましたが、それを「エクセル」により作成を依頼し、その「エクセル」からRPAを使った自動入力をしようと考えています。

 

お客様からすれば、現金出納帳を「手書き」から「エクセル」に変更するだけなので、負担もそれほどかかることもなく(慣れは必要なので、そこのところはご了承ください)、自社の入力がなくなるという大きなメリットがあります。

 

しかも、このRPAのプログラム自体が、無料で使用できるものがあります。(私はUiPathというソフトを利用しています)

 

正直に言いますと、この自動化はRPAを利用する前、ソフト会社に開発を依頼したところ、100万円という私としてはけた違いの見積りが来ました。

 

その時から私の心に火がついてこのRPAでの自動化の開発を考えました。

 
今はまだ、試作段階のため、完全にできたというお話は出来なのですが、近いうちにデモンストレーションをお客様にお見せしたいと思っております。

 

このRPAというシステムは、とりあえず今は自社でのみの利用を考えていますが、お客様にも非常に有効なものだと考えています。

 
まあ、さすがにコンサルティングや開発までは行いませんが、導入のきっかけができればいいかなと思っています。

 

これからの時代の会計は「自計化」ではなく、「自動化」となると予想されます。

 

誰でも、売上、利益が把握できる時代になると考えられます。

 

よって、記帳代行のみをしている税理士事務所は衰退の一途をたどると思っています。

 

これからの時代の税理士事務所はその数字や社長との面談からその会社で何か必要なのかを進言する事務所のみ生き残ると確信しています。

 

 

それではまた!                              

願望を「潜在意識」に浸透させる

こんにちは、小山田です
私は最近、自宅でよく鍋を作って食べています

 

醤油や塩、キムチ鍋などいろいろな味で作っていますが、自分のなかで共通して必ず入れずのが「しめじ」です

 

食感もよく出汁も出るので、月並みですがこれが欠かせません
皆さんは、これは欠かせないという具材はありますか    

 


 

さて今回は、前回に引き続き稲盛和夫 著「働き方」より 願望を「潜在意識」に浸透させる を紹介したいと思います。

 

 

 

この話しを読み終えて、私は今まで思っていた「潜在意識」という言葉の意味との違いに驚きました。

 

今までは、「潜在意識」は知らず知らずの内に自分の中に眠る願望のようなもの、という考えでした。

 

これまで、「潜在意識」というものについて深く考えたことはなく、ましてや「潜在意識」を仕事に生かすという考え方をしたことはありませんでした。

 

今の仕事についてまだ半年程度で、まだまだ仕事は慣れないことばかりです。

 

今は常に「顕在意識」でしていることも、いつか「潜在意識」に到達していけるように一生懸命に取り組んでいきたいと思います。

 

 

 

 

年末年始のお休み

 

 

 

嫌われる勇気 その1

皆さんこんにちは
とうとう雪が降ってきました

 

だんだんと寒くもなってきていよいよ冬到来という感じですね
うちの猫たちも寒いのか、事務所でこんなことになっています

 

 

うん

 

仕事のジャマだね

 

でも、私にはなぜか来ない…

 

まあ別に気にしてないけどね

 

 


 

ということで、今回はつい最近起きた出来事についてお話ししたいと思います。

 

独立開業してから、3年半が経ち、今までいただいた顧問契約で私からお断りすることはなかったのですが、最近初めて私から契約の打ち切りをさせていただきました。

 

そこに至るまでは非常に悩みました。

 

そのお客様は当事務所では長くお付き合いさせていただいており、お互い信頼関係をもって仕事をさせていただいておりました。

 

しかし、最近はいろいろな事情が重なり、厳しく接する機会が増えておりました。

 

それは、当社の行動規範である、「私たちは、お客様のためと思うのならば、嫌われる勇気を持って行動します」のもと、あくまで、「お客様」のことを考え行動してきました。

 

 

厳しいことを私が発信したとき、表面ではお客様も理解を示していたのですが、心深くはそうでもなかったようです。

 

 

詳細は省きますが、私に重要な事項を相談なしで行動しておりました。

 

 

よくよく聞くと、「長澤先生に相談すると、その事項について止められると思ったから相談しなかった」という趣旨の説明をされました。

 

 

このお話を聞いたとき、「ああ、もう駄目だな」と感じこちらから今後の契約の打ち切りをお話しさせていただきました。

 

この出来事は、致し方ないのかなとも思いました。どんなに私がお客様のためを思って行った行動でも、お客様がそれを感じていなかったために起こった出来事だと思っています。

 

私にも問題があったかもしれません。

 

しかし、私は「その行動」で他のお客様と信頼関係を築いてきたため、そのお客様にだけ「その行動」を変えることはやはりおかしいと考えました。

 

上記のお客様の行動を、了承することもできました。でも、私の中では絶対に譲れないことがあったのでそれを行いませんでした。

 

なぜなら、了承したら「甘え」になるのではないかと思ったからです。

 

「甘え」は私にもお客様にもあると考えました。

 

私は、自分の考えを歪めても契約を継続する「甘え(お金をもらうこと)」であり、お客様は、後から報告してもこの税理士は許してくれるという「甘え」です。

 

私も、商売をしているので売上の減少はできるだけしたくありません。

 

しかし、売上の減少よりも、もっと大事なことがあると思います。

 

それは、「お客様に対する私がしなければいけない行動・考え方」です。

 

それを歪めてまで売上を獲得することは、お客様にも自分にも嘘をついていると同義だと思っています。

 

その時に、稲盛和夫氏の言っていた「大善と小善」の話を思い出しました。

 

このお話は少し長くなるので、今回はここまでとして、次回また続きをお話ししたいと思います。

 

それではまた!                        

 

 

1 / 2512345...1020...Last »
Copyright © 長澤修司税理士事務所 All Rights Reserved.

0238-49-7399